銀行カードローンを利用したい

2014年3月5日 in 銀行カードローン | Comments (0)

皆さんの中には普通の銀行カードローンよりも安心できる銀行カードローンを利用したいと考えている方もいらっしゃるかと思いますが、一体何が違うのかについて気になりませんか?
銀行カードローンは、消費者金融よりも比較的に低金利で利用することが出来るのです。
金利は利息と深く結びついているものですので、金利が低いという事はその分利息も低くなるという事です。
ですので、金利についてはしっかり確認されておかれるのが良いかと思います。


銀行カードローンのメリットとは?

銀行カードローンのメリットは、安心感があるところだと思います。
普段使い慣れている銀行のカードローンですから大きな不安も無くて安心して利用することが出来るかと思います。
お近くのATMから利用することもできますし、中には手数料が無料の所もあるみたいですので、非常に便利だと思います。
担保が不要で使い勝手が良いところもメリットだと言われています。
確かに使いやすい方が嬉しいし助かりますよね。


ここに気を付けたい!

銀行カードローンを利用する時には気を付けるべき点がいくつかあります。
上記で金利が比較的に低いと言いましたが、中には高めに設定されているところも多々ありますのでまずは金利について
気を付けていただければと思います。
また、借入限度額も低くされていますのであまりまとまった金額を借入することが出来ないようになっています。
借入をしてその度にしっかり返済している方に関しましては、上限金額が変更されるみたいですのでそうしたい方はまずしっかり返済などを行うようにした方が良いかと思います。
とは言っても返済することは当たり前のことですので、延滞などしないように気を付けて下さいね!


銀行カードローンについてご存知ですか?

2014年1月9日 in 銀行カードローン | Comments (0)

銀行カードローンをお持ちの方は多いかと思いますが、他のカードをお持ちの方もいらっしゃいますよね?
今では多くの銀行カードローンがありますがどこが一番自分に合っているのかと考えたことがありますでしょうか。
ただ何となく有名だから、といって使っている方も中にはいるかもしれませんね。
ですが、きちんと見比べてからお決めになった方がよろしいかと思います。


銀行カードローンの審査って?

多くの方が審査と聞いただけで大丈夫だろうか、と不安になったことがあるのではないでしょうか?
審査に通らなかったらどうしよう・・・と考えている方も中にはいらっしゃるかと思います。
ですが、正しくご自分の信用情報を提出すればだいたいが大丈夫なはずです。
他社から余程借入などをしていなければのお話なのですが・・・!


アルバイトや主婦の方でも可能!

現在では、アルバイトや主婦の方でも利用できる銀行カードローンがあるみたいです。
ただし、安定した収入のある方に限りますがお考えの方がいましたらぜひご検討してみてはどうでしょうか。
安定した収入さえあれば審査していただけるのはとても嬉しいですよね。
これはどこでも言われていますがご利用は計画的に、そして返済もしっかりするようにしましょう。

・参考サイト
おすすめカードローンの比較…カードローンには、大きく分けると銀行系・消費者金融系の2つがあり、それぞれ特性があります。こちらのサイトでは、ランキング形式でおすすめのカードローン会社が紹介されています。


銀行カードローンで借り換えを考えよう

2013年11月11日 in 銀行カードローン | Comments (0)

おまとめローンなどの借り換えのローンの商品の人気が高くなっているそうです。人気だと言われている理由に、利息が消費者金融などと比較すると安いことが挙げられるそうです。銀行カードローンでは、審査に銀行と、銀行の準備する保証会社の2つの審査を受ける必要があります。その分、審査では消費者金融よりも厳しくなることもあるそうです。


おまとめローンは銀行カードローン

おまとめローンなど、ローンをまとめて借り換えるメリットに、手間がかからないこと、そして利息の安いものにまとめることで利息の負担を減らすことができると考えられているそうです。そのため、金利や安く設定されていることの多い銀行系カードローンの人気が高くなっていると考えられています。また銀行の場合は、限度額なども高く設定されているフリーローンも多いので、おまとめローンではなくとも借り換えでローンを利用する人もいるそうです。


専業主婦も借りることができる

銀行カードローンの大きなメリットと考えられているのが、専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば借りることができるという点です。フリーローンなどの審査では、一定金額までは会社へ在籍確認の電話などもなしで利用できるケースもあるそうです。消費者金融では利用者本人に安定した収入があることが条件として挙げられますが、このような点でも非常に便利なサービスなのです。


選ぶなら断然銀行カードローンです

2013年11月1日 in 銀行カードローン | Comments (0)

銀行カードローンと消費者系カードローンを比べるなら、もう迷う必要はありません。銀行系商品が断然オススメです。その理由は、やはり約定金利です。最近では消費者金融の最低金利も3%台に設定するものが出てきていますが、重要なのは最低ではなく上限金利で決めるべきでしょう。


最低金利で選ぶ事なかれ

もちろん、属性・信用情報ともに評価が高いと自信で自負している方は、銀行系にこだわる事もないでしょう。そのような方は、どのカードローンにも通過する可能性が高い為、高い限度額を望めば最低金利での融資も夢ではありません。しかし、そのような方は本当に全体の一掴みです。高い限度額を望んだところで審査に通過できないという事の方が多いのです。


銀行カードローンは上限金利が低い

上限金利が低いという事はそれ以上金利上がらないという事であり、返済期間が長くなるにつれその恩恵は大きなものとなるでしょう。消費者金融は確かに使い勝手が良いというメリットがありますが、事実金利の高いリボルディング払いで苦しんでいる方は多いのです。そのような方達は、返済額を定額にする事で毎月の返済が安定するメリットしか頭にありませんが、実際はその分利息分が大きくなる事に気づく事になるのです。銀行カードローンの審査条件を調べてみましょう。


消費者金融系銀行カードローン

2013年10月16日 in 銀行カードローン | Comments (0)

銀行カードローンではしばしば金利や限度額といった条件が良いかわりに審査に通り辛く時間がかかるといったイメージが持たれていました。また消費者金融系のカードローンでは逆に金利がやや高めの代わりに審査のノウハウがあり比較的短い時間で審査を行なうと言われています。しかし昨今、銀行と消費者金融が協力関係になる事で両方の長所を持ち合わせた消費者金融系銀行カードローンが注目を集めています。


消費者金融系銀行カードローンの背景

元々消費者金融系銀行カードローンは金融業界全体が不況の煽りを受けた事で経営が困難になる事で提案されました。バブル時代に金融業界は一大ブームを迎え、多くの人がどれだけ金利が高くてもお金を借りていました。しかし返済の宛にしていたバブルが崩壊する事で多くの会社が貸したお金の回収困難に陥りました。またそれに伴い催促が過激化すると今度は貸金業法の改正により設けられる上限金利に制限がつく、催促手段の制限等が設定され、たちまち金融業界は存続の危機に立たされました。こういった経営難から少しでも資金調達コストを安く、尚且つ早く精密な審査で顧客を確保する事を目的に消費者金融と銀行はタッグを組む事になりました。


純粋な消費者金融系は減少傾向に

このような背景の元、銀行と協力関係にある消費者金融の数は増え続け最近ではどの銀行とも提携していない消費者金融は大手では殆ど無くなったと言われています。また銀行カードローンにも即日審査即日融資に対応した商品など従来の遅い審査のイメージを覆す商品が登場しています。


総量規制対策には銀行カードローン

in 銀行カードローン | Comments (0)

銀行カードローンが持っていて他の金融機関商品には無い強力な武器の一つが銀行は総量規制の対象とならないという特性です。総量規制は金融機関が利用者に貸し出せる額を利用者収入の1/3までに制限するという貸金業法の一つです。しかし銀行カードローンはこの総量規制法の対象にならない為、収入の1/3を超える貸付が可能です。


何故銀行カードローンは対象外なのか

銀行カードローンが総量規制の対処とならないのは運営しているのが銀行である為です。総量規制法は通常利用目的自由な借入を対象に制限をもう置けていますが、そもそも総量規制法そのものが銀行を対象外としている為たとえ銀行が利用目的自由な貸出を収入の1/3を超えて行っていても制限の対象にはならないのです。


総量規制外であるメリット

総量規制外である事で銀行カードローンはいざという時にお金が総量規制によって借りられないという事態を防ぎます。通常のカードローンでは総量規制に引っかかってしまった場合、現在契約中の借入先から新たに融資を受ける事も、新たな会社と契約する事もままなりません。また銀行のカードローンに通常のカードローンを借り換える事で総量規制をリセットするといった使い方も可能です。


銀行カードローンの審査時間

in 銀行カードローン | Comments (0)

銀行カードローンは消費者金融などと比べて審査に時間がかかると言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?


銀行カードローンの審査にかかる時間

銀行カードローンが一番時間かかってしまうのは、じつは審査ではないのです。審査自体は受付時間内であれば即日審査してくれるところもあります。しかし問題はその後にありまして、カードローンに必要な「カードローン用カード」の発行に時間がかかってしまうのですね。平均して1週間前後かかることが多いので、「銀行カードローンは時間がかかる」という印象を持たれてしまうようです。


既に利用している銀行だと早いかも?

たとえばみずほ銀行カードローンだとみずほ銀行の口座をすでに持っていてキャッシュカードがすでに手元にある場合は、専用カードの発行を待たずに使い始めることが出来るので、即日、少なくとも2営業日前後で使えるようになるようです。なので、すでにご自身がお使いになっている銀行のカードローンを使うとすぐに利用できるようになると思います。これぐらいの時間なら消費者金融でお金を借りるのと同程度の時間で使い始められるので、だったら金利が圧倒的に安い方を選ばれる方がお得です!金利は融資額によりけりですが2%でも大きな違いが生まれますので慎重に検討してくださいね。


銀行カードローンは何故低金利なのか

in 銀行カードローン | Comments (0)

カードローンを取り扱っている会社は銀行の他に消費者金融や信販会社などの種類があります。しかしこれら銀行以外のノンバンク系と比較したときに銀行カードローンは一律金利が安めの傾向にあると言われています。お金を借りるなら少しでも利息は少ないに越したことはありません、しかし何故銀行カードローンの金利は他より安く設定する事ができるのでしょうか。


銀行カードローンなら資金調達コストが安い

皆さんにもよく提携ATM以外のATMからお金をおろす際や休日と夜にお金をおろす際、また特定の口座にお金を振り込む際に手数料が発生した覚えがある事でしょう。お金の位置移動には手数料など諸々の資金調達費用が発生します。しかし銀行カードローンは大元が銀行である為、自社で多額の現金を抱える事ができない他の金融機関より現金調達が楽でかかる費用も少ないのが特徴です。


厳しめの審査の裏返し

また銀行カードローンはしばしば他の金融機関と比べて審査が厳しめで時間がかかる傾向にあると言われています。しかし審査が他社と比べてしっかりしているからこそこの低金利は実現できるのです。銀行をはじめとした他の金融機関もボランティアでカードローンを運営しているわけではなくちゃんと利が出るように金利等を設定しています。そしてその際には延滞や不払いで戻ってこない可能性のあるお金も勘定に含まれます。ただ銀行のカードローンは審査をきちんと行なう事で滞納や不払いを極力出さない事で金利を下げているのです。